伏見・山科エリアで整体なら「ライス整骨院」

”整体院と整骨院・接骨院の違いについて”お話しますね!

 接骨院・整骨院と整体の違いについて

整骨院・接骨院と整体の違いについてお話しますね。

「〇〇整骨院」の看板は国家資格がなければつけることが出来ないんです。ところで 正しくは「接骨院」です。ほねつぎ なんですね。すっかり「整骨院」が定着したから「使ってもいいよ」となりました。(なるべくわかりやすく例えてお伝えしてます。詳しくは厚生労働省へ)

「柔道整復師」と言う国家資格になります。この看板がある所は保険請求代行ができます。ただしそのかわりに 厚生労働省のルールでの「施術」になります。厚生労働省のルールでの「料金設定」になります。好き勝手にはできません。

 柔道整復師は急性外傷だけが施術の対象になります。つまり2週間以内の捻挫や打撲ですね。慢性症状は業務でないので「保健適応外」です。

 例えば病院もそうですね。国で決められた方法以外は「自費」となります。自費病院もずいぶん増えましたね。

「接骨院」や「整骨院」このふたつの看板は「必ず」国家資格が必要です。

「柔道整復師」と言う資格になります。この看板があるお店は「国家資格があり」「保険請求代行」が認められています。

「しかし 施術には制限があります」

 ただし施術には制限があって 「厚生労働省のルール内の施術」に限ります。また「厚生労働省のルールでの料金設定・改定」になります。

 勝手はできません。どこに行っても同じような料金なのは こんな理由があります。そして、二ヶ月後に税金から整骨院に施術料金が振り込まれます。

 そして問題なのは 柔道整復師の保険業務 は「急性外傷だけが施術の対象」とも制限されます。つまり2週間以内の捻挫や打撲だけです。そのほかは認められていません。公的機関から確認ハガキが来るのはこのためです。嘘をついているとバレて、営業停止になるかもしれません。

 例えば 病院もそうですね。「国で決められた方法以外は保険が適用されません」だから「特殊な手術」などは保険適用外で全て 自己負担が必要となります。

 このルールを破ると「詐欺罪」で「逮捕」と言うことになります。税金を騙しているからです。しかし 黙認されていないとは言えませんし そうしないと経営できない裏事情もあるでしょう。

 

スクリーンショット 2022-08-02 14.46.21 スクリーンショット 2022-08-02 14.45.40

 

 

 

 

ライス整体院はどうですか?

016

これは僕の個人的な捉え方ですが「整骨院」は”西洋医学”に属している様に思います。実際に専門学校の授業でもそのように例えて話す先生もいました。「整体院」は比べて”東洋医学”にになると思います。これについては他のコンテンツでお話ししますね。

 当院は「接骨院」で開業いたしましたが 「整体院に屋号がえ」しました。(柔道整復師の資格はもちろん持っています)慢性疾患への施術、 決められた施術以外の方法、自由施術専門のお店を選びました。保険での施術は行っていません。とある患者さんからは「先生そんなん黙っとけばわからん。勿体無いで」ともご指摘いただきました。僕は何より 仕事について 誰にも嘘をつきたくなかった。自分にもそうです。 だから今の仕事にとても満足しています。皆さんと一緒に仕事ができることを心から嬉しく思っています。

 

伏見・山科エリアで整体なら「ライス整骨院」 PAGETOP