伏見・山科エリアで整体なら「ライス整骨院」

整体院と整骨院・接骨院の違いについてお話しますね。

「〇〇整骨院」の看板は国家資格がなければつけることが出来ないんです。ところで 正しくは接骨院」です。ほねつぎ なんですね。すっかり「整骨院」が定着したから「使ってもいいよ」となりました。(わかりやすくお伝えしてます。詳しくは厚生労働省へ)

「柔道整復師」と言う国家資格になります。この看板がある所は保険請求代行ができます。ただしそのかわりに 厚生労働省のルールでの「施術」になります。厚生労働省のルールでの「料金設定」になります。好き勝手にはできません。

 柔道整復師は急性外傷だけが施術の対象になります。つまり2週間以内の捻挫や打撲ですね。慢性症状は業務でないので「保健適応外」です。

 例えば病院もそうですね。国で決められた方法以外は「自費」となります。自費病院もずいぶん増えましたね。

このルールを破ると「詐欺」となって「犯罪者」と言うことになります。厚生労働省からハガキが届いたりして施術を確認しています。カルテと違うと保健支給保留になり保険は振り込まれません。時々逮捕者も出したりしてお騒がせしてますね。

 当院は「接骨院」で開業いたしましたが「整体院」に屋号がえしました。(柔道整骨師の資格はそのまま持っています)これではれて慢性疾患への対応、 決められた施術以外の方法、自由施術専門のお店になりました。

伏見・山科エリアで整体なら「ライス整骨院」 PAGETOP